入れ歯

入れ歯について

当院では、入れ歯を最適に調整することはもとより、より痛みの少ない入れ歯や目立たない入れ歯なども製作しております。また、入れ歯を入れたものの、「痛くて噛めない」、「合わない」といった場合も調整を承っておりますので、お気軽に相談ください。

入れ歯のイメージ

入れ歯の種類について

レジン床義歯

歯ぐきに密着する部分がレジン(合成樹脂)でできた入れ歯で、総入れ歯の場合、基本的には全てプラスチックのため分厚くなり、快適さが損なわれたり、口の中で熱が伝わりにくくなったりしますが、修理や調整は比較的容易です。「噛む」という入れ歯の基本的な機能に問題はありません。 保険適用なので、材質に制限がありますが、比較的安くつくれます。

金属床義歯

歯ぐきに密着する部分が、金属でできた入れ歯で、体との親和性に優れていて適合性が良く、耐久性もあり、汚れが付きにくく、清潔です。修理が難しい上、保険適用でないため、製作費用は高めになります。薄くつくれるため、発音がしやすく、違和感も少なくて済み、冷たいものや温かいものの熱感が伝わり、食事をより楽しむことができます。金属床には、コバルトクロム床、チタン床などがあります。

コバルトクロム床 チタン床

コバルトクロム合金は、入れ歯治療に長く用いられてきた信用性と実績のある金属です。耐久性と快適性に優れており、金属床のなかでは比較的安くつくれます。

チタンは、体の中に埋め込むことができるほど安全性の高い金属です。薄くて軽いのが特徴で、お口の中に長く入れても違和感が少なく、疲れにくく、汚れが付着しづらい上、耐久性にも優れています。

その他、いろいろな入れ歯

ノンクラスプデンチャー
(バネの無い入れ歯)
アタッチメントデンチャー

これまで入れ歯と言えば部分入れ歯の場合、金属のクラスプ(バネ)を歯に引っ掛けて口の中に装着する方法が主流でした。しかし、クラスプを引っ掛けなくてもよい入れ歯が誕生しました。このクラスプが無い入れ歯のことを「ノンクラスプデンチャー」と呼びます。ノンクラスプデンチャーは材質が半透明で、口腔内の色と同調するため見た目が自然で装着していても目立たず、違和感の少ないのが特徴です。また、食べものが挟まりにくく、残っている歯に負担をかける心配もありません。金属が使われていないため、金属アレルギーの方にも安心です。しかし反面、耐久性が低く、長く使うのには不向きです。

アタッチメントデンチャーは、差し込み式の装置を用いて入れ歯を固定する部分入れ歯です。一般的な入れ歯と違い、入れ歯とアタッチメントを一体化するため装着しても金具が目立ちにくいのが特徴です。また、バネを使用しない仕組みですので、見た目も自然です。構造もシンプルなため、装着・取り外しが容易です。

入れ歯の制作・調整でお悩みがございましたら、まずはご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

0745-22-1133