一般歯科

一般歯科について

主に虫歯の治療を行います。虫歯は風邪などの病気と違って、自然に治ることはありません。そのため、治療をせず放置するとさらに進行し、歯を失ったり、全身の健康に影響が及んだりする可能性も出てきます。虫歯は、軽度なら費用や時間を抑えた治療ができますので放置せず、早期治療されることをお薦めいたします。

当院では、ご自身の歯をできるだけ長く保てるよう最善を尽くし、いかに痛みや不安の少ない診療をするかを念頭に治療を行っております。

一般歯科のイメージ

虫歯の進行

虫歯は、口の中の“ミュータンス”という細菌が、食べかすや糖分から“酸”を作り、歯を溶かして穴を開けることで始まります。
その後、細菌の塊(バイオフィルム)が繁殖することで、虫歯はさらに広がります。
虫歯の進行度合いには、「最初期=C0」「初期=C1」「中期=C2」「後期=C3」「末期=C4」の5つの段階があり、
段階・状態によって治療法もそれぞれ異なってきます。

虫歯の進行C0の治療

C0の治療(最初期)

最初期の虫歯で、痛みなどの自覚症状はありません。この段階なら歯を削る必要なく、適切なブラッシングやフッ素塗布などで治癒することがあります。

虫歯の進行C1の治療

C1の治療(初期)

虫歯を削り詰め物をする治療が必要です。比較的軽度なため、麻酔は不要です。

虫歯の進行C2の治療

C2の治療(中期)

歯を削り詰め物をするだけでなく、何度か通院していただく必要や麻酔、歯の神経を保護する薬が必要な場合があります。

虫歯の進行C3の治療

C3の治療(後期)

神経を処理し、薬を埋め込む必要があるなど、1日では処置が終わらないため通院が必要です。また、治療には痛みを生じるため、麻酔が必要です。

虫歯の進行C4の治療

C4の治療(末期)

神経を処理し、薬を埋め込む必要があるなど、1日では処置が終わらないため通院が必要です。また、治療には抜歯を行い、失った歯の機能を補う方法を検討する必要があります。抜歯後の傷は、大体1週間程度で痛みが無くなり、1~3ヶ月できれいになります。痛みを生じるため、麻酔が必要です。

唾液検査(サリバテスト)に基づく
虫歯予防プログラム(自由診療)

カウンセリング時に唾液検査を行います。唾液検査では、ご自身のお口の中の特徴を知ることができ、個々の患者様の虫歯になる主な原因もわかるため、虫歯になるリスク評価をすることができます。また、検査結果に基づき「予防プログラム」を構築し実行することで、虫歯になる可能性を大幅に下げることができため、虫歯ができる度に治療するよりも、1回の唾液検査でしっかりとした予防プログラムを組んで虫歯を防ぐことで、労力的にも経済的にも効率がずっと良くなります。

唾液検査(サリバテスト)のイメージ

唾液検査の内容

1.唾液量の検査

5分間ガムを噛んでいただき、どのくらいの量の唾液が出るかを計量カップに溜めて調べます。唾液は、歯と歯肉の健康を守っています。唾液の分泌量が多いほど口の中の食べ物を早く洗い流し、歯の質を強化し抗菌作用も働くため、歯にとって有利です。

2.唾液の中和力検査

唾液を試験紙に1滴落とし、5分後の色の変化を調べます。お口の中は通常は中性ですが、飲食をすると酸性に傾き、歯が溶けやすくなります。その酸性に傾いたお口の中を中性に戻すのが、唾液の中和力(緩衝能)です。この検査をすれば、歯が溶けやすい環境(酸性)から、どれくらい早く通常の状態(中性)に戻るのかがわかります。なお、幼児や妊婦、病気のために薬を飲み続けている人、よく噛むことができない人などでは、中和力の低下していることが多いと言われます。

歯が痛い・しみるなど、気になる症状がございましたら、まずはご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

0745-22-1133