歯周病治療

歯周病治療について

日本では軽い症状を含めると、40歳以上の方の約7割が歯周病にかかっていると言われます。歯周病は進行すると、毛細血管を伝って歯周病菌のつくり出す物質が全身に運ばれてしまい、心臓病や肺炎、糖尿病などの発症リスクを高めたり、病状に悪影響を及ぼしたりすると考えられています。全身の健康のためにも、歯周病ケアは大切です。

歯周病治療のイメージ

妊娠中の歯周病

歯周病菌の中には、女性ホルモンを利用して増殖する菌がいます。そのため、妊娠中は歯肉炎を引き起こしやすくなり(妊娠性歯肉炎)、しかもその進行は速くなります。また、妊娠中に歯周病が悪化すると、炎症を引き起こす物質が産生され、この物質の血中濃度が高くなると、早産を招く可能性が生じてきます。最近の調査では、歯周病の妊婦は、約5倍も早産リスクの高いことが明らかになっています。

特に妊娠中は、口の中の清潔を心がけて歯周病を未然に防ぎ、もしかかっていたのなら、早めに治療しましょう。

※妊娠4~8ヶ月の「安定期」における治療をお勧めいたします。

妊婦のイメージ

歯周病のサイン

歯周病かなとおもったら、セルフチェックしてみましょう。下記のような症状を覚えたら、早めにご相談ください。

  • icon 朝起きた時などに、口の中がネバネバする
  • icon 歯と歯の間にすき間が生じてきた
  • icon 硬いものを噛むと痛む
  • icon 歯ぐきが腫れたり、膿が出たりする
  • icon 歯ぐきがむず痒い
  • icon 歯ぐきが下がり、歯が長くなったように見える
  • icon 歯磨きをした時に、歯ぐきから血が出る
  • icon 口臭が気になる
  • icon 冷たいものを口にするとしみる
  • icon 歯ぐきの色が、赤色や紫色に変化した
  • icon グラつく歯がある

当院での歯周病治療

位相差顕微鏡による口腔内の検査

位相差顕微鏡による検査

歯垢を少しだけ採取し、歯垢の中の細菌を「位相差顕微鏡」で観察します。位相差顕微鏡とは、細菌のコントラスト(明暗)をはっきりさせて、クリアに観察できる光学顕微鏡のことで、口の中の細菌を確認できる特殊な顕微鏡です。動画像を拡大表示する機能を用いることによって、患者さんにわかりやすい説明を行います。

歯科衛生士によるTBI

歯周病の治療で大切なことは、定期的に歯科医院でケアを行うこと、および日々の正しい歯磨きです。日々の正しい歯磨き方法を、歯科衛生士が丁寧に指導(TBI)を行います。

歯科衛生士によるTBI

歯石除去

歯石除去

歯石の中にはたくさんの細菌が棲んでおり、そのままにしておくと細菌が歯周組織を破壊します。また、歯周ポケットが深いと歯肉の下に歯石が付着し、細菌が出す毒素が歯根の根面に浸透します。そこで、原因である歯周ポケット内に入り込んだ歯石を取り除く治療を行っております。

歯周外科治療

稀ですが、必要な場合には手術療法を行う場合があります。歯石除去では取り切れなかった深い部分の汚れや歯垢、歯石を取り除く治療です。歯肉を切開することで、歯肉の深い部分を直接目で見ることが可能になり、歯根の表面まできれいにできます。治療には麻酔を用いますので、痛みはほとんどありません(患者さんによっては、治療後に腫れが出る場合があります)。

歯周外科治療

インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセント

当院では、歯周病の詳細なデータを自動的に処理・評価し、さらにそれをイラスト・グラフ化してわかりやすく患者様にご提示する「デネット・システム」と「ビジュアルマックス」を導入しております。これらを用いることで、医師からの説明がよりわかりやすくなり、病状や治療方針について理解が深まります。

ご不明な点などございましたら、お気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

0745-22-1133