口腔外科

口腔外科について

口腔外科は、お口の中、顎(あご)、顔面などに現れる先天性、および後天性の病気を診断・治療する診療科です。

口腔外科のイメージ

当院での口腔外科治療

当院では、親知らずや埋伏歯(まいふくし)の抜歯、顎関節症(がくかんせつしょう)、
歯牙移植、事故による外傷など、お口のトラブルの治療を行っております。

親知らずの抜歯

正常に生えている親知らずなら、無理に抜く必要はありません。ただし、親知らずは適切な位置に生えてくることがあまりなく、横に生えたり、生え切らなかったりするケースがほとんどです。そのため腫れをきたしたり、メンテナンスがしにくかったりすることから、隣の歯までが虫歯になることも少なくなく、何かとトラブルの原因になりがちです。親知らずが気になったら、まずはお気軽にご相談ください。

親知らずのイメージ

顎関節症

顎関節症は、顎を動かした時に痛みが走ったり、口を開けたり閉じたりした時に関節部がカクカクする、などの症状が見られます。原因としては、食いしばり、歯ぎしり、外傷、精神的ストレス、左右いずれか片側の口でばかり噛む習慣などのほか、様々な要因が絡み合っていると考えられ、原因もタイプも様々です。

顎関節症のイメージ
顎関節症の治療方法
認知行動療法 スプリント療法

「食いしばり」「歯ぎしり」「歯をカチカチならす」などの癖や片側の歯でばかり噛む癖とその背景因子を本人に自覚してもらい、止めさせるように導く心理的な治療方法です。

患者さんの歯型を採って制作した顎関節症用のマウスピースを就寝中に装着することで、顎関節に強く偏った力がかかるのを防ぎ、歯ぎしりや食いしばりの症状の緩和を行う治療方法です。

当院では、多方面にわたる検査を行い、その結果を総合的に照らし合わせた上で、個々の患者様にとって、最良の治療法をご提案いたします。

お口のケガ

何かにぶつけて口をケガしてしまった時は、早めにご来院ください。唇や粘膜が切れてしまった場合は、そこから病原微生物に感染する恐れがありますので、早めの処置が必要です。また、ぶつけて歯が抜けてしまったような場合やグラついていた歯が抜けてしまったような場合もすぐにご来院いただければ、早急の処置により歯を残せる可能性があります。抜けてしまった歯は、根元を強くこすらないように注意しながら軽く水洗いし、口に入れてご持参いただくか、何らかの容器に牛乳を注ぎ、抜けた歯をその中に入れてご持参ください。

ケガによる歯の欠損など

歯牙移植と歯牙再植

歯牙移植は、虫歯が進行して残せなくなった歯があり、しかも自分の口の中に親知らずや埋まっている歯があるような場合に、残せなくなった歯を抜いて、その代わりに親知らずなどを移植する治療法のことです。いわゆる「歯のお引越し」です。また、歯牙再植は、根尖(こんせん:歯根の先端の部分)に膿の袋ができて通常の根管治療(根っこの治療)では治せないような場合に、いったん抜歯して根尖の治療を施してから、再び元の位置に戻す治療も行っております。

歯牙移植と歯牙再植

お口のトラブルでお悩みがございましたら、まずはご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

0745-22-1133