ダイレクトボンディング治療

ダイレクトボンディング治療とは

ダイレクトボンディング治療は、最小限の切削量で大切な歯の保存が可能な修復処置です。

歯は一度削ってしまうと、元に戻すことはできません。 ダイレクトボンディング治療は虫歯部分のみを取り除き、その部分だけを修復することが可能です。
歯は大きく削れば削る程、その後治療できる回数が減り、耐久性の低下、結果、抜歯に繋がりやすくなってしまうこともあります。
※一般的な虫歯治療は被せ物のため、虫歯部分よりも広範囲を削る必要があります。
※すべての症例でダイレクトボンディング治療は適応できません。

ダイレクトボンディング治療とは

断髄の施術

歯を削る量が最小(MI:ミニマルインターベーション※)

型取りをする必要がないので、詰め物を入りやすい形に歯を削るなどの切削がなく、最小限での治療が可能です。
※「人の体に対する治療を最小限にすること」という理念です。当クリニックではこの理念に基づき、できるだけ削らない、できるだけ歯を残す治療を提案いたします。

ダイレクトボンディングの高い審美性

ダイレクトボンディング治療は、多種類のプラスチックを直接口腔内で盛りつけていき、天然歯のような自然な色や形を再現していきます。

セラミックと比べ低コスト

ダイレクトボンディングは型取りが不要で、セラミックインレーを製作する技工費用がかからないことなどから、セラミックを使った審美修復と比較すると、治療コストを抑えることができます。

即日修復が可能

ダイレクトボンディングは、虫歯を取り除いた後、その部分に直接材料を詰めて修復・研磨します。型取りをしませんので、1~2時間のうちに治療が完了します。

やすえデンタルクリニックでは歯の寿命を延ばすことのできるダイレクトボンディング治療をご提案したいと考えています。

治療例

before
before

after
after

治療上のメリット

  • icon 歯を削る量が少なく、歯にやさしい
  • icon 自然な歯を再現できる
  • icon 短期間で治療できる
  • icon 比較的低価格の治療費用
  • icon 部分的な補修ができる

治療上のデメリット

  • icon 多少変色する
    ※定期的なメンテナンスにより、変色を改善することは可能です。
  • icon 適応症に限界がある
  • icon 欠けることがある
     

このような症状の方にダイレクトポンディングをおすすめしています。

  • icon 小さな虫歯のある方
  • icon 過去の詰め物が変色している方
  • icon 奥歯の詰め物をキレイにやり治したい方
  • icon 前歯にすき間のある方(すきっ歯)
  • icon 前歯に白濁(ホワイトスポット)や茶色い変色がある方
  • icon 歯先のギザギザが気になる
  • icon 前歯の先が少し欠けている方

歯が痛い・しみるなど、気になる症状がございましたら、まずはお電話ください。

ご予約・お問い合わせ

0745-22-1133