クリニックブログ

子供にフロスは必須です👆 2020.09.14

こんにちは!

やすえデンタルクリニックのブログにお越しいただきありがとうございます😊

お子様がいらっしゃる方は、歯磨きの時フロスをお使いですか?

今日はお子様のフロスの話です。

 

歯と歯の間に入りこんだ歯垢を細い糸でかき出すデンタルフロスは、大人だけが使うものではありません!ぜひ、子どもの歯にもデンタルフロスを使っていただきたいのです!

日常の歯みがきだけでは、虫歯の原因となる歯垢などをすみずみまで取り除くことはできません。

虫歯をしっかり予防するために、子供の頃からデンタルフロスの習慣を身につけさせましょう。日本でデンタルフロスを使っている人はまだまだ少ないですが、大切な歯を守るためには欠かせないアイテムです!

虫歯が多くできるのは歯と歯の間です。
歯ブラシでは歯の表面についた汚れを落とすことができますが、歯と歯の隙間にある汚れや歯垢まではきれいに取り除くことはできません。そのため、歯ブラシしか使っていないとどうしても虫歯や歯周病になりやすくなってしまうのです。
歯ブラシだけでは取りきれない汚れは、デンタルフロスを使ってすっきりと落としましょう。

また、6歳くらいになると1番奥に6歳臼歯が生えてきます。乳歯だけの頃は、歯と歯の間に隙間ができていますが、永久歯に生え変わってくると歯と歯の隙間がつまってきます。
隙間があるうちは歯ブラシだけでも汚れを落とすことはできますが、隙間がなくなってきたら歯ブラシの毛先は届かなくなるので、デンタルフロスを使って磨き残しのないようにしなければならないのです!!

大人がデンタルフロスの使用を開始する場合、慣れるまでにとても時間がかかります。しかし、子供の頃から当たり前のように、デンタルフロスを使っていれば、大人になっても自然と続けることができるはずです✨

虫歯や歯周病を将来にわたって予防するためにも、デンタルフロスを使う習慣をつけてあげてください!!

カテゴリー:ブログ