クリニックブログ

ダイレクトボンディング🦷 2020.11.03

YASUE DENTAL CLINICのblogにお越しいただきありがとうございます😊

毎日多くの患者さんにしている虫歯治療ですが、一概に虫歯治療といっても種類があるのをご存知でしょうか?


プラスチックの詰め物や金属の詰め物、被せ物等がよく聞く表現でしょうか?
基本的には虫歯の大きさで決めるのですがプラスチックは元々弱いとされていて大きな虫歯は金属になる事が多いです。またプラスチック(白い詰め物)は歯牙にきっちりつけて初めて強さが出ます。その為には防湿(ゴムのマスクなど)が大切です。

↓写真の緑の物がゴムのマスクです。

 

逆にいうと、しっかり防湿下で行うとかなりのケースをカバーできるいい治療法です。

メリットは
・削る量が最小で済む
・天然歯相当の自然な色合い
・修理がきく
・1日で治せる
などです。

最近は保険外のプラスチックも出ており、かなりの強度、審美性があります。

当医院では保険の治療ももちろんですが、より高強度、審美性の高い自費の治療も用意しています。(ダイレクトボンディング)

どちらも一回の治療になるのですが、ダイレクトボンディング法では科学的根拠に基づくステップとより天然歯に近い形に復元することが可能です。

これからの歯科医療はいかに削らず、神経を取らないか、ということになっていくと思います。

当院では、虫歯にならないように予防が大切ですが、なってしまった時に安易な治療を選択することで治療の繰り返しにならないよう、選択肢の提案を行っています。

カテゴリー:お知らせ, ブログ