クリニックブログ

治療を自分で選択しましょう! 2021.02.23

YASUE DENTAL CLINICのブログにお越しいただきありがとうございます😊

当医院では治療の選択肢をしっかり提示するようにしています。

歯科治療はとても複雑です。

患者さんの年齢や治療する部位、またその両隣を含む他の歯牙の状態によって、どのような選択肢がいいかは異なります。

もちろん、保険治療で出来ることと自費診療でできることも大きく違います。

治療においてメリットしかないものや、

100%の成功率というものは残念ながらありません。

その為、患者さんがどう言う治療がいいかをご自身で決められるように手助けができればと思って診療をしています。


今回のケースは下の歯の虫歯治療を行なったケースです。

 

今回の治療をする上で考慮した点は「歯の切削量」と「接着の質」でした。

虫歯治療にはその場で治す「直接修復」と型取りをして治す「間接修復」の2通りがあります。

直接修復の方が間接修復より削る量が少ないという利点があります。

しかしながら直接修復は口腔内という特殊な環境で歯牙に人工物を接着させ、また歯牙形態の回復まで行うために技術的な難易度は高い治療になります。

また保険材料では強度面に不安があり適応症例に限界があります。(広範囲の修復に向かない)
上記の点を説明し、今回はダイレクトボンディング(直接修復によるプラスチック治療)を選択しました。

ダイレクトボンディングは直接修復のデメリットである強度面を向上させた素材であり、きちんとしたステップを踏むことで歯牙との境界面もわかりにくく治すことができます。
自費診療になると言う部分はありますが、しっかりとした時間をかけて治すことで良好な結果を得ることができます。

虫歯も歯周病も一度なると治ることはありません。ならないようにする事が1番ですが、もし治療をすることになった時はどういう治療法があってその中で自分が1番いいと思うものを選択する。

当医院が掲げるクレドにある「最良の治療」を提供できるようにその時にできる最善を尽くしています。

カテゴリー:ブログ