クリニックブログ

輝いた艶のある歯を保つには…✨ 2021.02.21

こんにちは😃

やすえデンタルクリニックのブログにお越しいただきありがとうございます。

今日は輝く艶のある歯を保つためのお話です。

今の時代、健康志向になった事で、私たちは体に良いとされる酸性飲料、乳酸菌、炭酸水、ポリフェノールを多く含んだ赤ワインなどを口にする機会が増えています。

ただし、体にいいものでも、歯にとってはダメージを与えてしまう事があります。

輝きやツヤのある白い歯を保つためには、歯垢(プラーク)やステイン(着色汚れ)を除去するだけでなく、歯のエナメル質の密度を高く保つことが大切です。

骨には密度があることは広く知られていますが、歯にも同様に密度があります。

歯にダメージを与えやすいものを摂取してしまったからと、一生懸命歯を磨くとかえって表面のエナメル質を傷つけ、艶もなくなり図のようにエナメル質の表層が低密度化します。

健康的で白く美しい歯は、表面がなめらかで、エナメル質内部の密度も高いため、ツヤがあり輝いて見えます。

しかし、酸によってダメージを受けた歯をブラシでゴシゴシ磨き過ぎてしまうと、なめらかだった歯の表面が傷つき、エナメル質の内部の密度も低下していきます。この状態になると、透明感を失って歯はくすんで見えてしまいます。

そこで、健康的でつややかな歯を保つためにはエナメル質の再石灰化が重要になります。

唾液によっても再石灰化はされますが、より再石灰化を促進させてくれるものがフッ素なのです。

ただし、フッ素が配合されていればいいのではなく、その方の着色の付き具合や知覚過敏の有無など、合う歯磨剤はお口の中の状況によって違います。

当院ではそれぞれの口腔内にあった歯磨剤や歯ブラシをお勧めさせていただいております!ぜひ検診の際は普段お使いのケア用品をお持ちになり、ご相談ください

カテゴリー:ケア用品, ブログ