クリニックブログ

虫歯にならないために…🦷 2021.01.11

こんにちは😃
やすえデンタルクリニックのブログにお越しいただき、ありがとうございます♪

今日は、お子様の虫歯予防🦷✨
についてのお話です

お子様の虫歯予防のポイントは
5つあります!

1.虫歯菌を減らすこと

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌はいません。まずは周りの大人の方が虫歯の治療やクリーニングを受けて虫歯菌の数を減らしておくこと、そして食器の共用を避けるなどできるだけ感染を減らしましょう。

2. 歯みがきで虫歯菌を追い出すこと

正しい歯磨きの習慣を身につけることが大切です。1歳6ヶ月になると奥歯も生えてきて虫歯菌にも感染しやすくなってきます。

子供の歯を磨く際の基本姿勢は、寝かせ磨きです。膝の上に後頭部が乗るようにして、お口の中を磨いていきます。 ペンを持つようにして歯ブラシを軽く握り、もう片方の手で子供の唇を優しくめくってあげてください。この際、子供が急に頭を動かすことがないよう、頭をしっかり固定しておくことが大切です。

3.食習慣に気をつける

飴、チョコレート、キャラメル、ジュースなど、お口の中に長く糖分が残るものはリスクが高いので、頻繁に食べることは避けましょう。
また、ダラダラ食べをしないことです。食回数が増えるとその後、毎回歯ブラシをしたとしても、そのたびに虫歯になりやすいお口の環境になってしまいます。食事、間食は時間を決めましょう。
食事、間食以外のときは飲み物も砂糖を含まない水やお茶だけにしてください。

4.フッ素とキシリトールの使用はとても有効です

キシリトールは天然素材甘味料で安全、歯垢の中のミュータンス菌を減少させ、虫歯の原因となる酸を作らせない働きがあります。

そしてフッ素は歯を強くする大きな味方です!
歯が生えてきたらフッ素入り歯磨き粉を毎日使用して歯を強くしましょう。
また、歯科医院でしか塗れない高濃度のフッ素塗布も定期的に受けるようにしましょう。虫歯になりやすいお子さんには、歯の溝を埋めるシーラントという処置も有効です。

5.定期検診に通う

皆さんは、どうしても歯医者は怖い所、痛いところ、行きたくない所というイメージが強いと思います。みなさんのそのイメージは、そのままお子さんへも引き継がれてしまいます。確かに、虫歯の治療に行くならば、痛くて怖いところになってしまうかもしれません。
でも、どうでしょう? 痛くなったから行くのではなく、悪くならないように検診とクリーニングに行く所と思えば、美容院のように楽しく通えるのではないでしょうか?
子どもの予防歯科に通うことで、お子さん自身も「歯を大切にする」という意識を自然に身につけていくことができます!!

以上、5つのポイントに取り組んでいただき、定期検診に通い、私たちと一緒に虫歯ゼロを目指しましょう☺️

カテゴリー:ブログ